神戸から東北へ笑顔のかけ橋を!復興支援チャリティーイベントの協賛をお願いします!

プロジェクトカテゴリ : 社会貢献

2011年3月11日、未曾有の被害をもたらした、東日本大震災。

被災の状況を知り「東北のために何かしたい!」という想いを持った仲間が集まり、
2012年3月11日に東北復興支援イベント「第1回・LOVEフェス3.11」を開催しました。

昨年は18,000人の方々の来場がありました。

このイベントを通じて「神戸から東北へ笑顔の架け橋を」をコンセプトに、3月11日の出来事を風化させることなく東北に勇気や希望、笑顔を届けるために、毎年「LOVEフェス3.11」を開催し続けていきます。

このプロジェクトについて
東北での大震災からもうすぐ3年。
皆様の記憶からも薄れてきた頃かと思います。
しかし、東北での復興が済んだわけではありません。

今もまだ十分な宅地造成が済んでおらず、仮設住宅での生活を強いられている方々もまだまだ多く、中には家族がバラバラの暮らしを強いられている人々もいます。
また、農地や漁港もまだまだといったところです。
復興に必要な労働力、資材も不足しており、市町村の計画したプラン通りに復興が進んでいるとは言い難い状況です。

あの悲惨な3.11大震災を忘れることなく、私たちの防災意識を保つことも必要なことです。

東北が復興を完了するまで応援し続けるために、また私たちの中であの大震災が風化してしまわないように、私たちは2年前からLOVEフェス3.11を開催しています。


■LOVEフェス3.11とは?
かつて大震災の被害にあった神戸から、現在復興にあたっている東北に対してエールを送るチャリティー野外フェスです。
LOVEフェス3.11の会場内で集められた募金、協賛金から運営費用を差し引いた余剰資金は、あしなが育英会さまの「あしなが東北レインボーハウス建設基金」と、神戸ともしびプロジェクトさまへ寄付いたします
また来場してくださった方々に震災の被害を忘れることなく、日頃の防災意識を維持してもらうことも、目的のひとつです。


■スタッフの想い
(副代表 高木幸賢)
東日本大震災から3年経ちます。
今回も19年前に震災を経験した神戸市長田区から
このLOVEフェス3.11を開催させて頂きます。
LOVEフェスのテーマは
「忘れない、風化させない、無関心から関心へ」
無関心だった僕が関わることにより関心を持つようになりました。
関わる前と違うことは神戸のあの震災を大阪に住む僕は自分の中ではどんどん風化のしていく一方でした。
東北に行くことで友達が出来、神戸でLOVEフェスをすることで友達が出来、今まで知らなかった現状を知りました。
このLOVEフェスは東北に行けなくても神戸新長田の街を見てもらい楽しんでもらいながら現状を知ってもらえるように場を創っています。
今年もたくさんの笑顔が届くように、来てもらい知ってもらうだけでも喜んでもらえます。
そしてしっかりと関西から東北へ、日本中に広がる笑顔の架け橋をかけていきたいと思います。
 
(ステージ班リーダー 奥田勝)
今年でLOVEフェスの開催は三回目になりますが、正直一回目はまだ皆さんの記憶の中に東日本大震災が薄れてなくスタッフ等お手伝いの方々も多く参加してくれたように思います。
三回目は悲しいことに少し忘れさられてるようにも思います。
しかしながら忘れた頃にやってくるのが天災だと思うので今一度、皆さんにお願いがあります。
東日本大震災を忘れさられることなく風化させないように一人、一人、一年に一度のLOVEフェス3.11で神戸や東北の方々に想いを寄せつつ、いつ起こるかわからない天災のことを考えてみてはどうでしょうか?
では、3月8日9日は神戸新長田でお待ちしております。

(テナント班リーダー 吉田賢志)
東日本大震災からもうすぐ3年が経ちます。関西では報道される機会も減り 東北の現状を知る機会が少なくなっています。
LOVEフェスは東北に対して同じ志を持つたくさんの仲間が集まって運営しています。
僕もLOVEフェスに関わることで、自分に何が出来るかを考えるきっかけを頂けました。
関西からより多くの方に東北に想いを持ってもらえる様なイベントをみんなで作っていきたいと思います。


■開催日時・場所
日程:3月8・9日(土・日)

時間:
両日共に10:00~18:00
※8日のみ19:00~キャンドルナイト

場所:
JR新長田駅前・若松公園(鉄人広場)および周辺商店街

入場料金:無料
※同時開催の脱出ゲームは有料

■開催されるイベント
‐ステージLIVE
東北の復興を応援する数々のアーティストが出演し会場をひとつにします!
出演:ジェロ、ロックバンドおかん、ZILcoNIA、岡本愛美、Bluestoneなど

‐福興カフェ~震災の語りべ講演~
2011年11月11日にスタートし、以降毎月11日に開催する福興カフェをLOVEフェス3.11で特別開催!東北と神戸から被災者をお招きし、震災の語りべ講演を行います。
福興カフェとは・・・
遠く離れた東北の震災被災地に対して関西に済む私たちに何ができるのか?を考え、今の東北を知ってもらう場として運営しているカフェイベントで、現在、大阪・京都・神戸・長崎で開催しています。
カフェでカジュアルな雰囲気で開催することで福興支援やボランティアのハードルを下げて、より多くの方が東北支援に関わることのできる場として機能しています。

‐脱出ゲーム
昨今話題の渦中にある「脱出ゲーム」がLOVEフェス3.11にもやってきます!
「危機一髪!新長田を救え」タイムリミットは90分
チケットぴあにて3月6日まで発売中!
Pコード:626-031
※セブンイレブン・サンクスからもご購入いただけます。

‐その他
・fm-GIG KOBEstation 幸せ発信局・公開収録
・東北物産展
・震災の写真パネル展
・東北支援団体の紹介ブース
・追悼のキャンドルナイト
・”志”文字マンダラ展
・B急グルメなど屋台村
・大道芸
・ゆるキャラショー
・みんなでつくる!らくがきアニメ など

 

■ドリームスポンサーをご利用の皆様へ
先に述べました通り、東日本大震災の被害にあった地域は、復興からまだまだ程遠い位置にあります。
そんな状況の中で私たちはこれまでもこれからも、そして今年もLOVEフェス3.11を通して東北に"笑顔"を届けたいと、そのように願ってやみません。
皆様からのご支援が東北復興の大きな助けとなり、それが地域住民の笑顔となります。
少額でも構いませんので、ご支援のほどをよろしくお願いいたします。
また応援をしてくださった方々には、ささやかではありますが、以下の通りお礼をご用意しております。
皆様の暖かいご支援をよろしくお願い致します!

▼リターン
・フリーマガジン「志縁」
「日本をつなぐフリーマガジン 志縁」
震災から1年後の2012年3月11日に第1号を発行後、5月に第2号、7月に第3号の計3刊を発行。
これらを基盤とし、同年11月にはデザインを刷新した第4号、震災から2年後の翌年3月11日には第5号をそれぞれ発行。そして、8月11日に最新刊である第6号を発行。※全国10,000部発行(2013年8月現在)
 
自ら東日本大震災の被災地に赴き、現地の声をありのまま取材することで、震災の風化を防ぎ「支援されたい人」と「支援したい人」とを繋げるのが「日本をつなぐフリーマガジン 志縁」の目的です。また、被災地支援を通じて、「日本」という大きな観点で物事を捉え、被災地復興から日本の復興へと繋げる活動も並行して行っています。

SHIZU革キーホルダー(LOVEフェス3.11バージョン)
SHIZU革は、被災された志津川のお母さん方による手作りの革細工です。
(志津川地区は、宮城県南三陸町の中心部)
 
革細工の経験は皆無のお母さん方でしたが、2011年の11月以来コツコツと丁寧に作り続け、今ではだいぶ洗練されました。革への愛着が芽生え、革に語りかけながら製作される方もいらっしゃいます。
ご支援いただいた方々への感謝や、東日本大震災を忘れないで欲しいという願いを込めながら、お母さん方は日々それぞれの“志”を込めてSHIZU革を作り続けています。
今回、特別にタグの裏にLOVEフェス3.11のロゴマークが刻印されたオリジナルバージョンです。

・LOVEフェス3.11オリジナルTシャツ
LOVEフェス3.11オリジナルロゴが入った限定Tシャツです。各色(ピンク・黒・ターコイズ・他)サイズ(メンズ・レディースXS、S、M、L、XL、XXL)をご用意しております。
(プロジェクト終了後に色、サイズをメールでご案内、ご確認いたします。)

‐3000円をご支援くださった方々へ
SHIZU革キーホルダー、フリーマガジン「志縁」
(キーホルダーはブラウン、ダークブラウン、ベージュ、カーキ、レッドの5色を用意しておりますので、応援してくださる際に、備考欄にご希望の色をご記入ください。)
をお礼としてご用意しております。

‐5000円をご支援くださった方々へ
同時開催の「脱出ゲーム」のチケット1枚をご提供させて頂きます。

‐1万円をご支援くださった方々へ
SHIZU革キーホルダー×2、オリジナルTシャツ、フリーマガジン「志縁」
(キーホルダーはブラウン、ダークブラウン、ベージュ、カーキ、レッドの5色を用意しておりますので、応援してくださる際に、備考欄にご希望の色をご記入ください。)
をお礼としてご用意しております。

‐3万円をご支援くださった方々へ
A:フリーマガジン「志縁」(10冊)、および当日配布マップと一緒に広告を配布
B:フリーマガジン「志縁」(10冊)、SHIZU革キーホルダー3個、Tシャツ2枚
(キーホルダーはブラウン、ダークブラウン、ベージュ、カーキ、レッドの5色を用意しておりますので、応援してくださる際に、備考欄にご希望の色をご記入ください。)
A, B のどちらかをご選択頂けます。
※応援してくださる際に、備考欄にA,Bのどちらをご希望かをご記入ください。

‐10万円をご支援くださった方々へ(限定2名)(2月末日で〆切)
LOVEフェス商店街ステージで歌う権利、黙祷セレモニーへの参加権
をお礼としてご用意しております。

ご支援、よろしくお願いいたします!


■募金先情報
LOVEフェス3.11の会場で集められた募金、協賛金から運営費用を差し引いた余剰資金は以下の団体へと募金されます。

‐あしなが東北レインボーハウス基金
東日本大震災・津波で親や保護者が死亡した、もしくは重度の障害を負った子供たちへの支援を目的とした団体です。遺児たちに短期、長期の心理的サポートを提供すること、また、遺児たちに寄り添いケアする“ファシリテーター”と呼ばれる人たちを養成することを主要目的として「東北レインボーハウス」が建設されます。

‐神戸ともしびプロジェクト
東日本大震災から2年10カ月が経過した今でもまだ被災地には明かりがない地域が多く、夜になると町は真っ暗になってしまいます。
「阪神大震災から立ち上がった神戸から、エールと共に町と人々の心に希望の明かりを送ろう!」そんな想いから被災地に一刻も早く明かりを届けたいとスタートしたのが「神戸ともしびプロジェクト」となります。

LOVEフェス3.11 公式WEBサイト http://www.lovefes311.com/

プロジェクトオーナー

Kamatani Naoto

Loveフェス3.11の代表をしております。

東北の人々に震災前の日々を取り戻してもらうため、私たちにできることを最大限行うために、このイベントを毎年開催しています。

ドリームスポンサーをご利用の皆様にも、ぜひ私たちの活動を知って応援して欲しいと思い登録させて頂きました。

応援よろしくお願いいたします!

コメント

現在の支援金総額

  • ¥52,000
  • サポーター6 人
0 %

目標は ¥40,000 に設定されています。

プロジェクトは 2014/02/13 にSUCCESSし、2014/04/08に募集を終了しました。

カテゴリで探す